銀鼡地京うちわ柄絽染名古屋帯

2019-08-30

銀鼡地京うちわ絽染名古屋帯2銀鼡地京うちわ絽染名古屋帯1銀鼡地京うちわ絽染名古屋帯3

 

 

 

 

 

 

写真左から、お太鼓柄アップ・お太鼓図・前柄
京団扇とは。
地紙の内側に多くの竹骨を放射線状に並べたもので、日本画のような繊細な絵柄のものを指します。
画にすると、一般的な団扇の柄に比べて高級感があります。

とはいえ、そこはおしゃれ帯。
秋が近づくこの時期、単衣にさらっと合わせれば儚さを演出。
この藍がどこか大人っぽい雰囲気を醸し出しますね。

柄の部分、細い竹骨部分に銀を施すことにより、ややフォーマルな装いにも締められます。
9月は単衣、帯は夏帯です。
まだしばらくは暑い日が予想されますが、柄行きはその先です。
秋近し、を感じさせるのはこの時季ならでは。

表地価格178,000円(税込み)

Copyright© 2019 Kagurazaka Hoteya. All Rights Reserved.