銀地引箔花菱柄螺鈿袋帯

2017-01-12

銀地引箔花菱柄螺鈿袋帯1

銀地引箔花菱柄螺鈿袋帯2銀地引箔花菱柄螺鈿袋帯3

 

 

 

 

 

 

写真左から、おたいこ部分・前柄・おたいこ柄アップ

とてもすっきりとした、上品な帯です。ひと目で惹かれました。

螺鈿(らでん)とは貝殻の内側の光沢部分を切り出し、これを用いて製作された工芸品のことです。
蒔絵の技法のひとつで、平安時代から存在していますが、
きものの技法としては割りと新しくここ3~40年のものです。

光沢部分を糸状に裁断し、織り込まれた柄は、
見る角度によって輝き方が違い、眺めているだけでも飽きません。

よく見ると、この花菱の柄部分に濃くなっている箇所箇所があり、アクセントを与えています。
丁寧なひと手間によって、「きれいなもの」だけではなく、
帯として、装飾品として、存在が際立ちますね。

ややモダンで都会的な雰囲気もあり、フォーマルなお席にぴったりです。

表地価格 ご売約済み

Copyright© 2022 Kagurazaka Hoteya. All Rights Reserved.