白地鎧縅文袋帯

2017-03-02

白地鎧縅文袋帯1白地鎧縅文袋帯2白地鎧縅文袋帯3

 

 

 

 

 

 

写真左から、全体像・おたいこイメージ・前柄

白地の唐織袋帯です。
軽くてしなやか。一昔前の袋帯に比べてとても締めやすくなっています。
また配色の数が多いわりに、色目が落ち着いていますので重宝します。

縅(おどし)とは、日本の甲冑によく使われていた様式で、
小札(こざね)と呼ばれる鉄片を革や組糸などで装飾し、それを連ねたもの。
その配色はとても美しく、帯の文様などに使われるようになりました。

余談ではありますが、この手の帯にはよく助けられた修行時代の思い出があります。

個性の強いきものにも自然となじむのです。
困った時には鎧縅の帯を合わせていました。

そんな経緯もあり、懐かしく、仕入れることとなりました。

表地価格 ご売約済み

Copyright© 2022 Kagurazaka Hoteya. All Rights Reserved.