〆切ぼかし織名古屋帯

2019-04-25

〆切ぼかし織名古屋帯1〆切ぼかし織名古屋帯3〆切ぼかし織名古屋帯2

経(たて)の色ぼかしを入れる〆切りという技法で織りあげた一重太鼓の名古屋帯。
こらからの季節、軽やかな装いにぴったりです。

それぞれ、白×紫がアラベスク模様、白×薄朱が七宝牡丹文と色・柄違いの帯になります。
春から単衣前にかけてのお着物はとかく優しい色目のものになりがち。
そこでこの帯が良いアクセントをもたらせてくれます。
六通柄で横段の繰り返しですので、必然的に前柄は縦になります。

単体で見るとやや個性的に見えるかもしれませんが、合わせてみるとしっくりと落ち着きます。
強過ぎず弱過ぎず・・とにかく色使いが絶妙なのです。

個人的にこの機屋さんの帯は好んで仕入れをしています。
風合いがとても良く、柔らかいのにしっかりしていて、締めやすいと好評です。

小紋や色無地、軽い付下げにも。

表地価格 140,000円(税込み)

Copyright© 2019 Kagurazaka Hoteya. All Rights Reserved.