象牙地水仙塩瀬染名古屋帯

2019-01-23

象牙地水仙塩瀬染名古屋帯2象牙地水仙塩瀬染名古屋帯1

写真左・おたいこイメージ、右・前柄

すらりとした葉に囲まれ、茎の上に凛とした白い花を咲かせる水仙。
地色は白茶よりややピンクがかった象牙色のような印象。
大胆に、そして存在感があります。

中国から伝わったとされる水仙は「水にある仙人」という高貴な意味をもち、
日本でも新春の瑞兆花として重用されてきました。

染帯の醍醐味は、その時期だけの贅沢な花暦。
松、梅、水仙、桜、藤、菖蒲・・・挙げればキリがありませんが、四季をもつ日本特有の文化。
きものに限らず、この心は大切にしていきたいものです。

まっすぐな凛々しい立ち姿に心をとらえられ、「水仙の~」がほしいというお客様もあるくらい
ファンの多い柄ゆきです。

表地価格 198,000円(税込み)

Copyright© 2019 Kagurazaka Hoteya. All Rights Reserved.